多汗症の治療について

多汗症のでお悩みは「久保田式多汗症改善7日間プログラム」をお試しください。

多汗症のでお悩みは「久保田式多汗症改善7日間プログラム」をお試しください。

多汗症の治療についてカテゴリー項目一覧

多汗症の治療と手術

メスを使って汗腺を取り除く多汗症の手術は、ボトックス注射がまだなかった頃はよく施されていたといいます。手のひらや足の裏、脇の下に発汗が多い場合は、交換神経節ブロック術という神経をストップさせる手術が行われていました。症状が酷い時には特に効果が期待できる治療法であり、また、手術の痕が目立たないことがメリットでした。

多汗症の手術をもし受ける場合、日帰りもしくは一泊の入院がありました。交感神経ブロック術をしつつ、手術で汗腺を取り除くという治療法は、脇の下などに有効です。エクリン腺という汗腺は、多汗症で大量の汗をかく原因となることが多い汗腺であるという考えも存在します。それぞれの方法によって手術の効果や体に及ぼす影響は違いますが、汗腺を取り除くタイプの手術では、発汗量がおおよそ半分程度になる手術法だと思ってください。多汗症にワキガを併発している場合は汗腺をとる治療方法がとても有効になります。汗のにおいを減らすことができる治療方法といえます。

多汗症やワキガの手術をする場合、治療費には健康保険が使えます。皮膚科や美容整形外科などでも診察してくれます。どんな多汗症の治療方法が自分の症状に適しているのか、事前に確認してみることをおすすめします。

続きを読む

多汗症の原因

多汗症がなぜ起きるのでしょう、てのひらや脇の下などにかく汗を気にする人は多いのに、です。人間の体には汗をかく汗腺と呼ばれる組織が全身にあります。多汗症の原因は、汗腺組織の中のエクリン汗腺がわきの下に多く存在する事です。エクリン汗腺は全身に広く分布し、皮膚の表面に汗を分泌する役目をしています。

人の体は皮膚表面からの温度を下げたい時は汗をかくようにできていて、汗が蒸発し皮膚の温度が下がる作用で体温調整をしています。エクリン汗腺の特長は、精神的な理由からも汗を分泌するという点です。汗の分泌量が多くて悩みの種になって、多汗症の手術を受ける人が多いようです。エクリン汗腺が発達している場合、精神的な発汗時に大量の汗をかいてしまいます。四六時中汗をかいて、発汗の激しい場所がいつも濡れているという多汗症の人もいます。

多汗症の手術を受ける人は汗がでることそのものは体調不良ではないものの意思に反して起きるために不都合もあり、緩和を希望しています。生まれつきの体質により、エクリン汗腺の量は決まっており、多汗症も体質の一種です。感染する病気や、生活習慣等で変化する組織でもありません。エクリン汗腺を減らすために多汗症の手術を受けることによって、素早く多汗症の原因をなくすことができます。

続きを読む

多汗症の治療について

多汗症の治療を受ける人は多いようです。外気が暑い時の体温調整などで汗をかくことは珍しくありませんが、多汗症は普通以上に多くの汗をかきます。汗は主に体温調節のために、本人の意思に関係なく生理的に出るものですが、汗の量には個人差があります。わきの下、てのひら、足の裏などが汗が多い部分ですが、多汗症の場合はこれらの場所からの発汗が並外れています。多量の汗は強い臭いを放つことがあります。夏が来る度に大量の汗や自らが発する臭いを気にしているという人は、専門の医療機関を利用するのもいいでょう。

多汗症の治療を一度受けたことで、汗が大幅に減ったという方もいます。最近では、様々な治療法が多汗症には確立されています。メスを使う外科的な治療が、多汗症の対策には最もよく知られています。外科的な多汗症の治療は、汗を出す汗腺などを手術によって根本的に取り除くことで、汗が出ないようにします。最近ではボトックス治療も有名な多汗症の治療方法です。特殊な薬を注射し汗が出ないようにする方法です。

手術より簡単なので今後の多汗症治療の主力となるとも言われています。塩化アルミニウムを皮膚表面に塗布するのも制汗効果があります。緊張しやすいことやあがり症などね精神的な要素が多汗症にも関わっているといいます。多汗症の症状は人によって少しずつ異なり、抗不安薬や自律神経の薬で多汗症治療をしている方もいるようです。

続きを読む

サイトTOPへ